読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一生ダイエッター宣言!えれなのダイエット日記

食事・運動・睡眠を見直して一生ムリせず楽しくダイエット。糖質制限・パレオダイエットでアンチエイジング。

MENU

PMSと低血糖の話

f:id:phantasm-takarazuka:20170421212924j:plain ダイエットをしていて困ったことのひとつが生理とその前のPMS期でした。 体重減少が低迷中してしまうPMS期。

ダイエット以前の私はこの時期、とにかく生クリームのたっぷり乗ったスイーツに目がありませんでした。 イライラやお腹痛いのを食べたその時だけでも和らげてくれるし、ないと余計にイライラしてしまうという思いでひたすらコンビニスイーツの生クリーム率を研究しているような日々でした。

PMSには女性ホルモンの種類と分泌量によっていくつかのタイプがあります。 私は「低血糖タイプ」がその中で一番疑わしいようです。

この低血糖というのは体質などのこととは少し違って、 「甘いものや精製された炭水化物の摂り過ぎによる血糖値の不安定、そしてそこから起きる反応性低血糖のこと」をさします。

甘いものをドカ食い

↓ インシュリン大量分泌

↓ 血糖値が急降下

↓ イライラなどの低血糖の症状がでる

つまり、PMSで甘いものを欲して、勢い余って食べ過ぎて余計食べてしまう、という糖質の呼び水的になってしまうということです。甘いもので血糖値をあげると痛みが一時軽減しますが、その裏で想像もしてなかった怖いことが起こっていたのです。

f:id:phantasm-takarazuka:20170421213310j:plain

低血糖と聞いて余談になりますが、数年前まで家で猫を飼っていまして、そのこが糖尿気味で週2回病院にかかっていました。病院でインスリンが多かったような時は、家に帰ってから急に大人しくコテンと寝てしまって、おかしい!と病院に電話して連れていくと「低血糖」と言われて様子見で病院預かりになっていたことを思い出しました。 そうか、あの無気力になる感じが低血糖、それと同じことが反応は違っても自分にもおきているのか、と考えるとPMS期のイライラなどの症状に納得がいきました。

f:id:phantasm-takarazuka:20170421213430j:plain PMS期で一番恐ろしいのは精神的な症状です。 お腹が痛いとかは大体の人に分かってもらえますが、イライラや無気力などの精神的な症状は身体の症状と違い、あまり理解されないのが辛いのです。そういう性格だと思われて終わりです。

対策として、糖分は小分けにしてとり、低血糖になる状態を避けるようにしています。 また甘いものでも、フルーツやヨーグルトに低GIのアガベシロップをかけたものなど、いきなりスイーツにいかないよう前段階を作るようにしました。

血糖値コントロール

f:id:phantasm-takarazuka:20170421213129j:plain

低GIはこの時期に限らず大切ですが、この時期は特に重要です。 GI値は血糖値の上昇を示すので、低GI食品は血糖値の上昇が緩やかですし、高GIは急激に上昇します。 玄米や全粒粉パン、黒砂糖やきび糖など精製されてない食品は低GIです。逆に精製された白いご飯やパンは高GIなので普段からとらないようにしています。 ダイエット生活を始めてから、生クリームを欲するパワーが減りました。 全く欲しくない訳ではありませんが、コンビニでスイーツを3~4個買うようなことはなくなりました。

禁止命令は逆効果

禁止すると返って余計に欲しくなるというのが人の心理です。なのでスイーツ禁止はしません。ダメって思うと余計に意識してしまいますから。 そのかわり、本当に美味しいものを少量いただくように心がけています。意外にも禁止しないだけでそんなに欲しくならないのです。

まとめ

色々気を付けていますが、やはり普段よりイラっとしやすいですし、だるくなりやすいです。しかし女子日(生理)はそのひと月の生活の通信簿です。反省することは多いですが、ダイエット生活を始める前に比べるとすごく軽くなりました。 アラフォーの年齢ですので終わりも見えるようになりましたが、まだ数年はお付き合いがありますので、毎回思うのは次回は今回より楽に過ごせるように少しずつ改善していきたいと思います。

すべての女性が心身共に健やかに過ごされますように。 この記事がPMSに悩む女性に少しでも参考になれば幸いです。