読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えれなのダイエット日記(仮)

もし大好きな男役の相手役になったら10kgだって痩せれる!という妄想力でダイエット♡食事記録・糖質制限・宝塚・漫画など雑多ブログ。

MENU

女子力に喝!「コスメの魔法」読んで綺麗になれる?!

下がりっぱなしの女子力に喝を入れようと、美容の動画を見て、いざ眉を整えたら…

・・・切りすぎて薄ーい眉になってしまいました( ꈨຶ ˙̫̮ ꈨຶ )

ま、眉はすぐ伸びるから数日乗り切ればなんとかなるでしょう。

 

テレビとかでも「お化粧で綺麗に変身!」みたいな番組みると、自分にも出来るかも?と思ってはりきってやってみたけど出来なかった…みたいな経験ありませんか?ありますよね?あると言って下さいw

 

そんな気分にさせられる漫画があります。

 

コスメの魔法 」1~16

新コスメの魔法」1~6

 長編なのですが、1話完結型なので好きな所や気になるテーマの回から読んでいくことができます。

 

「コスメの魔法」はドラマ化もした人気シリーズです。

百貨店のコスメカウンターに勤務する高樹礼子は年齢不詳の長身美女、綺麗な女の子が大好き(そっちのケはないらしい)。

全ての女性が美しくなるための手助けがしたいと思っているカリスマBA(ビューティーアドバイザー=美容部員のこと)ですが、方法は時に優しく時に荒っぽく、また時に犯罪スレスレだったりしながらも、悩みを抱える女性を綺麗に導いていくというお話です。

 

決めセリフもなかなか凄いです。

 

「それは犯罪ですわ!」(綺麗を放棄する女性に対して)

「結果が得られなかったら全額お返しいたします!」

 

社長でもない普通のBAが勝手にそんなことしていいの?と思いますが、お返しする結果に終わることがないのが高樹さんのすごいところ。

 

 

わたくしの好きな高樹さんのセリフNo.1は、

 

「キレイになるため人より努力する、素晴らしいことですわ。

なんの苦労もなく得られたものより、

自分の力で獲得したものの方が絶対に美しいんです」

 

コスメの魔法4巻「Magic21」より

 

この回の悩めるお客様は一重まぶた、そのせいでリストラにあった、再就職がうまくいかないのだと思い込んでいる。高樹さんのメイクテクニックを教わって上品な一重になりますが、手間がかかることについて「損だわ」とぼやきます。

そのときお客様に向かって言った言葉です。

 

やっぱりみんな努力しなくても元々持っている人が羨ましくなりますよね。

わたくしも人と比較して落ち込むことがあります。元々持っていたら、綺麗だったら、痩せていたら、こんなことしなくてもいいのに…と。

そんなときに思い出すようにしている言葉です。

 

高樹さんの言葉は心に刺さります。

特に同じ悩みを抱えている回だと自分のようで、高樹さんの鋭い指摘にその回のお客様と一緒にグサグサ刺されまくってます。

本当にお客様の立場だったら怒って二度と行きたくなくなるような気がしますがw

でもその悩みやそういう自分を、本当は受け入れて変わりたいと望んでいるからこそ、厳しいけど頼りがいのある高樹さんを信用して頑張ることが出来るのでしょう。アスリートと鬼コーチのような関係ですね。

 

みんな自分の悩みと向き合い、コンプレックスを解消して前へと進んでいく姿は読んでいても気持ちがいいものです。

そのあと押しをしているのがお化粧、というのが男性にはイマイチ分かりづらいかもしれませんね。でも男性でも肌のコンディションが悪いと(ニキビや吹き出物、カミソリ負けなど)気分が落ち込むことがあるのではないでしょうか?

お化粧はその拡大版のようなものと解釈して頂ければと思います。

途中から男性BAが出てきますし、女性心理の勉強にもなるので、意外に男性が読む方が色々な発見があって楽しいかもしれません。(それにモテそう)

 

 

メイクには流行りがあります。

全てが今の気分という訳ではありませんが、基本的なメイクのことやお肌のお手入れの方法についてのことが多いです。

コラムでワンポイントアドバイス(イラストなのでわかりやすい!)があったりしますので、漫画を読みながら美容に関する復習ができてしまいます。

 

新~の方はアシスタントBAの女性が替わります。お話も少し長めのものが多いです。

 

そして読んでいるときっと高樹さんに会いたくなること請け合いです♡

 

たまに銀座辺りの百貨店のコスメ売り場をウロウロしてみたりしますが、今のところ高樹さんのような人には巡り合えておりません。どこかにいてほしいですねぇ。

 

それではまた♡