読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一生ダイエッター宣言!えれなのダイエット日記

食事・運動・睡眠を見直して一生ムリせず楽しくダイエット。糖質制限・パレオダイエットでアンチエイジング。

MENU

マイナスカロリーダイエットで食べて痩せる!は科学的根拠なし!ウソ科学?

f:id:phantasm-takarazuka:20170506205935j:plain

マイナスカロリーダイエットとは

マイナスカロリーダイエットとは、食材のカロリーより消化にかかるカロリーの方が高い特定の食材を食事に取り入れて、食べて痩せるダイエット法です。ダイエットというと食事制限が辛くて挫折してしまうという人に打って付けのダイエット法のように思われます。果たして本当に可能なのでしょうか。科学的根拠のないウソ科学だという説もあります。

摂取カロリー<消費カロリー

摂取カロリーより消費カロリーの方が多くかかるので、食べて痩せるという夢のようなダイエット法です。欧米ではマイナスという言葉がよい印象ではないためネガティブカロリーダイエットとも呼ばれています。

 

マイナスカロリーにあげられる野菜・フルーツ

f:id:phantasm-takarazuka:20170506205406j:plain

1.ブロッコリー

食物繊維が豊富で、ビタミンC。あのラ○ザップも推奨する食材。

2.セロリ

低カロリー(15kcal/100g)、ビタミンC、食物繊維、カリウム。

3.アスパラガス

アスパラギン酸(新陳代謝を上げ、疲労回復効果)、GABA。

4.キャベツ

ビタミンC、K。
5.人参

「緑黄色野菜の王様」β-カロテン

6.玉ねぎ

硫化アリル、ビタミンB6。糖質も多いので注意。

7.ほうれん草

鉄分、β-カロテン。

8.トマト

リコピン。脂肪燃焼効果。

9.グレープフルーツ

ビタミンC。糖質が少ない。香りに脂肪燃焼作用がある。

10.リンゴ

リンゴポリフェノール、アップルペクチン。

11.イチゴ

糖質低めの代表フルーツ。ビタミンC。

12.パイナップル

ビタミンC、B1。たんぱく質の消化(プロメリン)。 

野菜以外だと、唐辛子、ウーロン茶、海藻類などがあげられます。

www.sleepbeauty1.com

  

 

 

残念ながら科学的根拠はない

夢を壊すようで申し訳ないのですが、マイナスカロリーダイエットの科学的根拠はないようです。食品に含まれるカロリーは食品成分表などで確認できますが、消費カロリーについては科学的に解明されたものではないようです。

本当にマイナスカロリーが実現しているのであれば、マイナスカロリーだけを食べていたら身体に必要なエネルギーが補給できなくなります。

食事を消化するカロリーは基礎代謝と食事誘発性熱代謝(食事をすることで消費するエネルギー)によるものです。その消費にかかるカロリーだけを調べることは今の所出来ないのだそうです。そもそも調べることが出来たとしても個人差があるのでしょうか。

  

低カロリーで満腹感のあるものが多い

f:id:phantasm-takarazuka:20170506205938j:plain

しかしながら、マイナスカロリーにあげられる野菜・フルーツはどれも低カロリーなものが多いです。食物繊維やビタミン・ミネラル類が豊富なものが多いので、確かにこれらの食品を多く取り入れれば、全体のカロリーダウンに繋がります。

また食物繊維やビタミン類が含まれるので整腸作用冷え性の改善などの効果が見込まれます。その結果としてダイエットになるのではないでしょうか。

 

まとめ

マイナスカロリーダイエットは科学的根拠のないものですが、ダイエットに取り入れるべき野菜とフルーツが多く含まれていることは事実です。これらを食事にうまく組み込めばマイナスカロリーにはならなくても、いっぱい食べてダイエットを見込めます。

食事制限をしようとしても食べ過ぎてしまう人や、食事のカロリー計算が苦手な人にマイナスカロリーと呼ばれる食材を取り入れると、いっぱい食べても全体の摂取カロリーを少なくすることが出来るため非常に有効な方法です。

食べて痩せるダイエットにぴったりの食材ですので、これからダイエットを始めようという人や、ダイエットの食事面に悩んでいる人にこれらを取り入れてみることをオススメします。

 

www.sleepbeauty1.com

www.sleepbeauty1.com

www.sleepbeauty1.com

月1お取り寄せしてます。野菜ジュース「ベジール」が特にオススメ。

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット日記へ