一生ダイエッター宣言!えれなのダイエット日記

生活習慣を改善して美肌&美ボディを保ちたい!40代からの痩せグセと美しい生活を目指すブログ。

疲労や睡眠阻害の原因?カフェイン断ちをして得られた効果

f:id:phantasm-takarazuka:20170818211409j:plain

コーヒーが大好きだった私が睡眠のためにカフェイン断ちをして早数年。

よく眠りたいために始めたカフェイン断ちですが、他にも沢山の効果を得ることができました。 今はごくたまにコーヒーを飲みますが、ほぼカフェイン断ちを続けています。

 

眠れない・疲れの原因はカフェイン?

カフェインを摂取すると疲れが取れたような気がします。しかしそれはカフェインが交感神経を活発にするため一時的に疲れがとれた気がしますが、逆に疲れをため込む原因になります。さらに疲労回復のための物質(セロトニン)の分泌を妨げ、眠りを阻害してしまいます。そして睡眠が十分にとれなければ更に疲れがたまってしまうという悪循環です。

カフェインは体内で分解されるためにはかなりの時間(個人差はあるが半減期は2時間半~10時間。12時間以内に殆ど排出される)がかかると言われています。成人が1日に分解できる量は500mg(200mlのコーヒー約6~7杯)程度です。

 

カフェイン断ちを決意

f:id:phantasm-takarazuka:20170818211938j:plain

朝起きてすぐにコーヒーを飲むのが日課でした。食事と一緒に、食後に、おやつのお供に、と気がつくとコーヒーや紅茶や緑茶などカフェインを含んだ飲み物を常に飲んでいる環境になっている方も多いと思います。

睡眠のために良くないと薄々は知っていましたが、夕方以降飲まなければ大丈夫、などと誤魔化しつつ過ごしてきました。 当時は睡眠薬を処方されているのにも関わらず眠れなかったので、少しでも良くないことなら完全に断とう!と一念発起しました。

禁煙する場合、いきなり止めるのではなく減煙して、少しずつ減らしていく方法がメジャーです。カフェインも同じように少しずつ減らしていきました。

最初に睡眠に直で影響する午後のカフェインをやめるようにしました。 当時は知らなかったのですが、急にカフェインを止めると頭痛などの症状がでる場合もあります。

 

代替案を考える 

f:id:phantasm-takarazuka:20170818212958j:plain

・コーヒーや紅茶、栄養ドリンクなど、カフェインの入っている飲み物を飲まない(基本)

・デカフェのコーヒーや紅茶を代用する

・ハーブティー、水、麦茶などを代わりに飲む

 

カフェインレスのコーヒーや紅茶で代用できます。全くカフェインがゼロでない(3%位残っている)ですが、どうしても飲みたいときに非常に助かります。いきなり止めるのはストレスになりますので、まずはデカフェ(カフェインレス)のものに変えることをお勧めします。

私がカフェイン断ちを始めた当時(7年前)は今ほどメジャーではなかったのでネットで購入していました。 タンポポコーヒーも試しましたが、その後カフェインレスコーヒーが近所のスーパーで入手できるようになりましたのであまり飲まなくなりました。

デカフェのコーヒーや紅茶や緑茶が今は普通にスーパーにおいてあって嬉しいです。当時は数をチェックしながら大切に飲んでいました(すぐに届かないから)。

外出先ではスターバックスとTully'sが、デカフェ(カフェインレス)コーヒーのサービスがあります。 スターバックスはドリップコーヒーとカフェミスト(ミルク入り)がデカフェでオーダーできます。注文が入ってからいれるので少し時間はかかりますが、お値段は通常のコーヒーと同じでカフェイン断ち中には嬉しいサービスです。また2017年1月からはデカフェのエスプレッソも導入されたのでほぼすべてのメニューがデカフェで注文できます。

プレスリリース(2017/01/05) | スターバックス コーヒー ジャパン

www.starbucks.co.jp

 

カフェイン断ちの睡眠以外の効果

 ・貧血改善 カフェインは鉄分を吸収するのを疎外するするため。妊婦さんがカフェイン禁止なのもこのためです。 

・PMS改善・冷え性改善 カフェインは交感神経を刺激し血管を収縮させ体温を下げます。 

・歯の黄ばみ防止 カフェインが歯の黄ばみの元となるので、断ってからそんなに気にならなくなりました。

 

 

カフェイン断ちをはじめてみて

最初は辛いですが、1週間続けると早い人は体調の変化を感じると思います。 カフェインによる脳の疲労は2週間程度でほぼ抜けるそうですが、臓器の疲れに関しては1か月程度かかるようです。

なかには深夜だろうとカフェインを大量摂取しても全く寝れないと言う人もいますが、これはカフェインの大量摂取による慣れと、カフェインの耐性(感受性)の強さによるものです。人口の約10%程度の人が相当します。

残念ながら、私はカフェインの耐性は普通か低い方だったようです。 このカフェインの耐性が強い人にはカフェイン断ちはあまり効果がないようですが、内臓(副腎)を休めるためには良いと思います。

 

カフェインを断ったことで得られたギフト 

・寝つきや睡眠が良くなった

・冷え性が改善した

・貧血が改善した

 

そして裏技的ですが、ごく稀にカフェインを摂取するとエナジードリンク級のハイな感じになれます。 コーヒー1杯でエナジードリンクのロング缶くらいのハイテンションと集中力が手に入ります。マリオがスターをとったくらいに元気になります。しかしこれが目的ではないので副効果くらいに思っていて下さい。それとスターがとれるのは月1~2程度です。

最初はコーヒーを飲まないと頭がハッキリしないような気がしますが、カフェインを完全に断つと飲まなくても頭がクリアな状態が保たれます。 コーヒーが習慣になっていると止めるのは難しいと思いがちですが、やってみると思い込みであったと気づかされます。

 

あとがき

完全にカフェイン断ちを経て、現在はほんの少しだけカフェインをとっています。というのも、完全にカフェイン断ちをした状態でいたときに、どうしても眠気がしてコーヒーを飲んだらすっごく効きすぎしまったからです。デカフェのコーヒーに普通のコーヒーを入れたり、水出しコーヒーはカフェインが少ないので夏場は水出しコーヒーを楽しんでいます。それでも疲れが溜まっているなと感じるときはカフェイン断ちをします。一度完全にカフェイン断ちをしているからか、カフェインを制限するのに苦痛がなく出来るようになります。

眠れない方、疲れが溜まっている方、その原因はカフェインかもしれません。カフェイン摂取が多いなと思っているなら、この機会に減らしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

にほんブログ村 ダイエットブログ 食生活改善ダイエットへ
↑応援クリックありがとうございます(*´▽`*)