一生ダイエッター宣言!えれなのダイエット日記

生活習慣を改善して美肌&美ボディを保ちたい!40代からの痩せグセと美しい生活を目指すブログ。

体重公開のメリット・デメリット。体重を明かした理由をお話します!【ゆるふわコラム】

実は今月の食事記録から体重と体脂肪を公開しているのにお気付きでしょうか。
そうなんです、今月から思い切ってひっそりと公開しています。
あまりにもひっそりとスっと一行プラスされただけですし、特にそれに対してコメントもしていませんので、おそらく殆どの方がこれを読んでそうだったのかと思っていらっしゃることと思います。
逆に「ダイエットブログなのに体重公開してなかったの?」という声も聞こえてきそうです。。
一応たまーに「振り返り」の記事を作って公開してたのですが、あまりにも体重変化がないので記事にならなくて最近ではすっかり忘れていたほどです。公開しなかっただけで(あえてしませんでした。理由は後述してます)体重・体脂肪は毎朝測って写真を撮り、あすけんのアプリに入力をしていました。

 

   

体重公開のメリット・デメリット

f:id:phantasm-takarazuka:20171009201242j:plain

なぜこのタイミングで体重・体脂肪を公開したのかというと、

刺激が欲しかったからです。

あ、別にマゾっ気がある訳じゃないですよ?(;・∀・)何と言いますか、自分に喝を入れる的な意味合いです。しかしながら、この体重公開は良い刺激も悪い刺激も両方受けるます。体重公開のメリットとデメリットについて、実体験を元にお話します。

 

メリット(良い刺激)

緊張感が生まれる

まさにこれが欲しかった!緊張感。いや本当は嫌なんですよ?でもこの停滞っぷりったら、どこかから喝を入れてもらわないとダメなのではないかという気持ちになってしまいまして。。 
本人としては痩せたいのですが、現実として別に太っていない状況(BMI22~21を行ったり来たり)がある訳です。十年近い付き合いの主治医に言わせると「健康上で一番良い」のだそうですが、私本人からすると「痩せてもないけど太ってもいない」体型だと思います。ややぽちゃだった頃からすると「とりあえずこの位にはなりたい」状態になった訳です。つまり危機感が欠如しているのです。

パブリックコミットメント効果

心理学の用語で、大勢の前で宣言すると実行しようという力が働く効果のことを言います。そう、ブログで公開することによって「絶対痩せる!」という気持ちを強くすることが出来ます。

 

 デメリット(悪い刺激)

体重の増減に一喜一憂してしまう

そしてこれが今まで体重公開してこなかった最大の理由です。 
以前アメブロでダイエットブログをやっていた頃(2年前)は毎日の体重・体脂肪に食事の内容を全て写真に撮り、公開していました。それは公開するダイエット効果を狙った訳ではなく、純粋に記録としてまとめやすい媒体がブログだった、というだけでした。一般公開しなくても良いプライベートな記録ですが、せっかくブログサービスを使っているからと公開していました。 
しかし、ダイエットが進み体重が減っていくと嬉しくなってもっともっとという気持ちが大きくなります。そして順調に減っていたのが増えたものなら「どうして!!」と裏切られたような気持ちの方が大きくなってしまい、原因を探していました。おやつを食べた、などの分かりやすい原因があればよいですが、女性ならではの生理周期によるものだったり、たまたまお通じがよろしくなかったりと原因は様々で一言で解決できるものではありません。 
そうして停滞・増加すると体重に対しての言い訳や「とにかく頑張って解消する!」と気持ちだけ空回りしている状態になっていました。

そこではてなブログの移転を機に毎日体重を公開するのは止めました。毎日の身体の状態をみるために体重は測りますが、それに対して言い訳をしなければならないような状況を作ることを止めようと思ったのです。

 

体重以外のことがおろそかにしがち

ダイエットをしようと思ったきっかけは人によって様々ですが、やはりスッキリした体型になりたいというのがあると思います。一方体重だけを気にしていると実際の自分の体型のことに目がいかなくなりがちです。 
有名な話ですが、同じ1キロでも脂肪と筋肉では体積が違います。模型などで見ても倍とまではいかないですが、一目で脂肪の体積が大きいのが分かります。体重という数値ばかりに目がいっていると、これが自分の身体の中で起きているということが実感しにくくなります。 
引き締まったメリハリボディの70キロとお腹もぽっこりぽちゃっと体型の50キロだったら絶対前者の方を選びます。元々はスッキリ引き締まった身体を目指していたはずです。体重〇キロだけを達成するためのゲームではありません。でも体重だけを気にしているとそうなってしまいがちなのです。たくさんのダイエットブログを見ていて残念ながらそういうブログもたくさん見てきました。(批判したいのではありません)そしてもっと残念なことに、そういうダイエットをするともれなくリバウンドがついてきます。そういう実例もたくさん見ました。

  

 

 

ダイエットの目的を忘れない

メリットとデメリットをあげましたが、一番大事なのは何のためにダイエットをしているのか、ということを忘れないことです。今、目の前の体重計の数値が0.1キロ減っていることより、1年後に目標体型になっていること、それが3年後も10年後も継続されていることが、自分がなりたい本来の姿なのではないでしょうか。体重がコンスタントに減り続けていけば嬉しいですが、実際はそうではありません。どんな人も停滞期が訪れますし、変化が大きければ大きいほど期間もかかります。 
痩せたい本来の目的を忘れなければ、体重に振り回されることは少なくなるでしょう。

 

あくまで体重は目安

ダイエットトレーナーの中には、体重にばかり目が行ってしまうのを避けるために、体重を計ることをあえて日課にさせない方もいます。数値ばかり気になってしまう方は体重を計る頻度を下げてみるのも効果的です。 
例えば毎日測っていたのを週1にしてみると最初は気になりますが、そのうち数字にとらわれず自分の身体の状態や変化に敏感になってきます。体重・体脂肪はダイエットのわかりやすい数値ではありますが、体重を減らせば良いという訳ではないのは既にお分かりに頂けていると思います。

 

まとめ

  • 体重公開は緊張感を生み、パブリックコミットメント効果を得られる。
  • デメリットは体重という数値だけを追いかけてしまいがちになる。
  • ダイエットの本来の目的を思い出す。

 

今月から体重公開しています、と先に書きましたが、それには自分の中に課した条件が1つあります。「体重に対してコメントしない」ことです。痩せて嬉しくても、増えて悲しくても何もコメントしません。本当は痩せたら喜びたいです。
だけど今までの傾向からして痩せたら「よし、この勢いでもっと痩せよう!」と思って、増えても「絶食してでも痩せる(体重を減らす)!」と思います。常に「痩せねば!!」と命令されていて、身体も心もどこかでうんざりしている自分もいました。だって可哀想ですよね、痩せても「もっと減らせ!」と言われるなんて。これがメタボなら仕方ないですが。
そんな訳でコメントはしませんけど、心の中では激しく喜怒哀楽しております\( 'ω')/だって人間だもの。。ダイエッターだもの。。!

でも一番は健康ですごすことが大事です。健康を損なったらダイエットも出来ませんからね!健康状態をキープするためにもダイエットは有効です。

この記事がこれからダイエットをしようと思っている方、ダイエットで悩んでいる方の参考になれば幸いです。

 

www.sleepbeauty1.com

www.sleepbeauty1.com

 

にほんブログ村 ダイエットブログ 美容ダイエットへ
↑一日一回応援お願いします(*´▽`*)