一生ダイエッター宣言!えれなのダイエット日記

生活習慣を改善して美肌&美ボディを保ちたい!40代からの痩せグセと美しい生活を目指すブログ。

【美髪】クシを育てる?百均のクシを高級櫛風に変身!

f:id:phantasm-takarazuka:20171015211025j:plain

きっかけはヘアケアについて調べていたとき 「くしを育てる」という言葉に出会いました。そのまま使うのではなく、油に漬けてメンテナンスをすることで長く使うことが出来るのです。しかも油が浸み込んでいるので乾燥を防ぎ静電気を起こしません。それが高級な柘植櫛じゃなくても百均にある櫛でも出来るということで試してみました。

 

   

 

 桃の木櫛を高級櫛に変身させる

f:id:phantasm-takarazuka:20171015204544j:plain

桃の木櫛を3種類とあんず油を購入しました。

桃の木櫛は以前にダイソーで見たことがありましたが、かなり人気商品のようです。これは再販されたもののようです。

油は髪に良いといわれる「あんず油」にしました。クセがある髪もまとまりやすくなるようです。他に「椿油」「ゆず油」も髪に良くて人気です。

 

ヤスリをかける

f:id:phantasm-takarazuka:20171015204607j:plain

サンドペーパーと袋から出した状態のクシです。 

ニスを取るために全体的に紙ヤスリをかけていきます。ニスがついていると油が浸み込みません。歯の部分は紙ヤスリを折ってかけると簡単です。

f:id:phantasm-takarazuka:20171015205102j:plain 
よく見ると雑な所がありました。せっかくなのでヤスリで整えます。 

f:id:phantasm-takarazuka:20171015205125j:plain 
ギザギザ部分をとるとこんな感じです。 

f:id:phantasm-takarazuka:20171015205231j:plain 
更にカーブをつけて手に馴染みやすくしました。
粗めのヤスリ→細かいヤスリの順でしっかりかけます。 

f:id:phantasm-takarazuka:20171015205726j:plain 
ヤスリ終了。 

f:id:phantasm-takarazuka:20171015205834j:plain 
背の部分も優しいカーブに仕上げました。 

この工程はニスを取るためなので、ここまでしっかりヤスリをかけなくても大丈夫です。
もし気になる部分があったらここで綺麗にヤスリをかけておきましょう。

更に、彫刻を入れたい場合はこの段階で入れます。図案もネットにあるので探してみましょう。私も入れたかったのですが、自信がなかったのと早くクシを使いたかったので今回は彫刻無しにしました。

 

油に漬ける

f:id:phantasm-takarazuka:20171015210444j:plain

ラップの上にクシを置いて、あんず油をヒタヒタになる位までかけます。
ラップで包み、さらにジップ袋に入れます。この状態で1週間おきます。白っぽかった木が薄い茶色になりました。 

 

<1週間経過>
f:id:phantasm-takarazuka:20171015210920j:plain

1週間たったら油を拭き取ります。 
まだベタつくので1~2日乾燥させます。
綺麗な薄い飴色になりました。元の木の色もあるのかもしれませんが、真ん中のだけは薄い色になりました。
これから更にメンテナンスで油を塗ったりしていくと長い時間をかけて綺麗な飴色になるのだそうです。

 

出来上がり☆

f:id:phantasm-takarazuka:20171015211025j:plain

 ベタつきがなくなったら完成です。。
使っているうちにだんだんと馴染んでいくのが楽しみです。

 

クシのメンテナンス

油を浸み込ませて終了!ではありません。ここからが「育て」ていきます。

目安として月1回程度、ほこりやゴミなどの汚れを落とし油を浸み込ませます。油につけることで汚れがここからは油の漬け方は好みなようで、汚れを落とした後に油をつけた布で拭く程度でも良いようです。乾燥すると櫛通りが悪くなるので油で保湿は絶対です。

 

木櫛のデメリット

  • 水につけてはいけない(水洗い厳禁、洗髪後の濡れ髪もNG)
  • メンテナンスが面倒
  • 柘植櫛の場合は高い(百均のなら問題なし)

 プラスチックのクシのつもりでいると水に弱かったり、メンテナンスしなければならなかったりと面倒くさいのは否めません。

 

木櫛のメリット

あんず油につけた桃の木櫛を使うようになって良かったことは、

  • 静電気が起きない
  • 櫛を通しただけで髪がまとまる
  • 地肌のマッサージ効果(気持ちいい)

サっと髪に櫛を通しただけで髪の毛がまとまりやすくなりました。
ブラシを使わなくても地肌まで届いてくれるので、寝起きのボサ髪もすっきりとまとまってくれます。また油がついているからかしっとりと落ち着きます。 
髪を結んだ後のうねりが気持ち悪いときもクシを通すと落ち着きますし、何より地肌がイイ感じに刺激されて頭皮マッサージになります。これを獣毛でないブラシでやるとバチバチいわなくても静電気が発生しているのか通りが悪いのが分かります。
その点、木櫛だと地肌を傷めないですし、髪にも優しいのが分かります。

 

桃の木櫛を育てて使って、木櫛の良さに触れることが出来たのが一番の喜びです。 
クシを大事にするって日本人らしい感じがしますね。 
ちょっと手間はかかりますがメリットの方が大きいと思うので今後も私は木櫛を使い続けると思います。機会があったら良い柘植櫛もいつか入手したいなーと思いました。 
冬の乾燥シーズン前に櫛を育ててみてはいかがでしょうか。 

 

 

使用したもの

にほんブログ村 ダイエットブログ 美容ダイエットへ
↑一日一回応援お願いします(*´▽`*)