一生ダイエッター宣言!

アイハーブお買い物記録。日常にダイエット要素を入れて意識しないで太らない生活をおくりたい。更新は新ブログにて。

宝塚

宝塚歌劇は敷居が高い?初心者の疑問に全力で答えます!

宝塚歌劇は100周年を迎え、今年は104年目に突入しました。 こんにちは、宝塚歌劇ファン歴18年目のえれなです。 今は別ブログにて宝塚歌劇ブログをやっておりますが、以前このブログでごちゃ混ぜ雑記だった頃に「宝塚って名前は認知されているけど、中身は誤…

バチッバチッバチッ!がみんな好き過ぎるよね!(花組「仮面のロマネスク」「EXCITER!!2017」感想)

本当にびっくりする位の盛り上がりでした「EXCITER!!2017」 きっと各地でそうなのでしょうけど、前半のお芝居「仮面のロマネスク」とだいぶ差を感じる(失礼)盛大な拍手!みんなEXCITER!!好きだよね!私も大好きです!というか分かりやすく盛り上がれるし、…

月組公演・ショー「カルーセル輪舞曲(ロンド)」感想

カルーセル輪舞曲(ロンド) 始めにおことわりを。カルーセル輪舞曲は全編美弥オペラでした。 (解説:「美弥オペラ」…美弥るりか様だけをロックオンして、ひたすらオペラグラスで美弥さんをずっと追っかけて観ること)最近オペラなしでOKの席ではオペラなし…

月組公演「グランドホテル」感想

月組公演「グランドホテル/カルーセル輪舞曲」を観劇して参りました。 先週のことですが、忘れないうちに感想を書きたいと思います。 (竹中半兵衛の為だけにムラに行ったわけではないのです。その前に午前は月組、午後は星組という贅沢な一日でございまし…

星組「燃ゆる風-軍師・竹中半兵衛」感想

星組公演「燃ゆる風ー軍師・竹中半兵衛」を観劇してきましたので感想です。 今回はどうしてもチケットが手に入らなくて諦めて、あきらめないといけないと自分で自分を諭していたのですが、ご厚意により観劇することができました。思えば叶う、というか心の奥…

花組公演「金色の砂漠」感想

花組公演「雪華抄/金色の砂漠」の金色の砂漠の感想です。 金色の砂漠(こんじきのさばく) 演目発表時からの話題であった”トップスターが奴隷役”で明日海りおさんが奴隷・ギィ役に挑戦されています。そして今作がさよなら公演となるトップ娘役の花乃まりあは…

ヅカファンの萌えはひとつではない!男役に溺れる3つのタイプを分析してみた。

ヅカファン、宝塚の男役にハマっている女性、現実にいない男性像に恋しちゃってる痛い人だと思ってませんか?そうだとしたら、それは浅い考えです。 ギャラリー | 雪組公演 『私立探偵ケイレブ・ハント』『Greatest HITS!』 | 宝塚歌劇公式ホームページ 宝…

内面美人を目指して!改めて宝塚式「ブスの25箇条」に向き合ってみる。

『宝塚式「ブスの25箇条」に学ぶ「美人」養成講座』という本をご存知でしょうか。ヅカファンの私が言うのもなんですが、元宝塚の方が書かれた本はファンは買うだろうけど一般の方向けのものは殆どないといっても過言ではない状態です。多少は一般の方も役…

宙組「エリザベート」感想

先日、宙組の「エリザベート」を観劇して参りました。 www.nikkansports.com (2016年9月30日13:30の回、2階A席下手) これまでも宝塚のエリザベート、東宝のエリザベート、ウィーン・オリジナルのエリザベートとたくさん観劇してきましたので、ストーリー…

「子爵ヴァルモン」 仮面のロマネスク原作の漫画が面白い!【漫画】

「仮面のロマネスク」の原作である「危険な関係」の漫画化作品があるのをご存知ですか?漫画は『とりかえ・ばや』のさいとうちほさん。 少女漫画らしい繊細で綺麗な絵で華麗なるフランス宮廷の世界が展開されています。 子爵ヴァルモン〜危険な関係〜 1 (フ…